「運も実力のうち」皆さんはどの様にお考えでしょうか?

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

今回のブログは、「お家」の事とは違う話題で書いていこうと思います。

皆さんは「運」について、どんな考えをお持ちでしょうか?

昨年、現役を引退した元横綱の白鵬の間垣親方は

「私は決して強い人間ではありません。ただ運があった。その運は努力をした人間にしか来ない!」と言い

サッカー界のレジェンド三浦知良選手は、

「コツコツやって来た事が実って結果となる。その積み重ねが運をも呼び込む」と言っています。

意思や努力では、どうにもならない巡り合わせを「運」と言う人もいますが、

先の二人は、
「運も実力のうち」「運は自分でよくできる」と考えているようです。

昨年、大リーグでMVPに輝いた大谷翔平選手も「運」を大事にしている一人です。

大谷選手は、花巻東高校時代に「プロ野球8球団からドラフト1位指名を受ける」という最終目標を達成するために、

マンダラチャートという目標達成シートを作ったことはご存じの方も多いでしょう。

マンダラチャートでは、9×9の81マスの中心に最終目標を書き、その周囲には目標達成に必要な8つの要素を書きますが、

高校生だった大谷選手は8要素の一つに「運」を挙げました。

注目すべきは、ここからです。

マンダラチャートでは、更に運をよくする要素を8つに細分化していきます。

皆さんなら運を良くする為に何をしますか?

当時の大谷選手が考えた運を良くする8つの行動を次の様に挙げました。

1「挨拶」
2「道具を大切にする」
3「プラス思考」
4「ゴミ拾い」
5「応援される人間になる」
6「部屋掃除」
7「審判さんへの態度」
8「本を読む」

ここから見えて来るのは「感謝の心」でしょうか。

周囲の人たちへの感謝。

また高校時代の佐々木監督からは「ゴミは人が落とした運。ゴミを拾うことで運を拾うんだ。そして自分自身にツキを呼ぶ。
そういう発想をしなさい。」と言われ、それ以来、ゴミを拾い続けているそうです。

何事にも感謝を忘れず、コツコツと努力を積み重ね、意図して行動する。

実力とは、その結果であるならば「運も実力のうち」という言葉が身に沁みます。

つまりは、志を強く持って目の前の仕事に集中していると、おのずと「運」に恵まれるということなのでしょう。

私は、この話を知って「運」について考えさせられましたが、明確に「運」に気付いていないだけで、実際は、自らの努力で知らず知らずのうちに

引き寄せているのではないかと思います。

皆さんは、いかがお考えでしょうか?

このブログを読んで頂いた方は、何かのご縁があると私は考えます。

機会がございましたら、この「運」についてお話しできれば良い時間になるのでは...

それでは、

第1回 家づくりは何から始めるべきなのか?

新築をする方の約6割が、土地から買って家づくりをされます。
その場合、どうしても予算オーバーを招きやすくなってしまうため、土地探しというのは家づくりにおいてとっても大切なポイントになってくるわけですが、実は多くの方が土地探しにおいて、大きな間違いを犯してしまいます。

土地から買って家づくりをしなければいけないと思い込んでいる方の多くが、いきなり土地探しから始めてしまいます。
なぜなら、土地が決まらなければ先に進めないと思っているから
ですし、実際、住宅展示場や完成見学会などに足を運んだとしても、土地が決まっていなければ、プランなど描いてもらえないからです。

ですから、

夜な夜なインターネットで探したり、雑誌を買ってチェックしたり、
不動産屋さんに教えてもらった情報を片手に、車を走らせては必死で土地探しをしてしまいます。



でもこのように、いきなり土地探しから始めてしまった場合、後から困った状況に陥りやすくなってしまいます。

例えば、

土地にお金を使い過ぎてしまい、肝心の家が思ったように建てられない・・(家の予算がなくなってしまう)

✔ローンに負担がのしかかり、建てた後の生活が苦しくなる・・

✔その土地の上にどんな家が建つかがイメージ出来ないから、なかなか決断出来ず、せっかくのチャンスを逃してしまう・・

✔住宅ローンの手続きがスムーズに行かず面倒になってしまう・・

✔一番大切な住宅会社を選ぶ時間があまりなくなる・・

といった状況ですね。


これらの理由を考えただけでも、いきなり土地探しから始めることは絶対にオススメ出来ることではないんですよね。

では、家づくりは一体何から始めるべきなのでしょうか?

それはズバリ『 資金計画 』です。

それでは次回は、"なぜ資金計画が大事なのか?"についてお伝えしていきたいと思いますので、お楽しみに♪

COSY Homestyles 株式会社
〒4810038 愛知県
北名古屋市徳重花ノ木41-1フローラ203号
TEL:0568-26-1055