2021年1月18日

イベントお申込み

弊社へのイベントお申込みは下記のフォームに入力をお願いします。

ご代表者様氏名(必須)
ご参加人数(必須) 大人: 中学生以上:
小学生: 幼児:
乳児:
ご参加者様氏名


※5名様以上の場合はご要望事項欄にお名前をお書きください。
※ご希望に沿ったご案内のために差し支えなければご年齢もご記入ください。
お電話番号(必須)
郵便番号 "-"は含めず半角数字のみでご記入ください。
都道府県(必須)
ご住所(必須)
メールアドレス(必須)
ご希望内容(必須)



ご要望事項
現在お住いのお家に関しまして、ご不便に思う点などございましたらご記入ください。

2021年1月17日

失敗しない土地探しのコツ!?

土地(地面)いい家を建てる工務店はみつかった。じゃあ次に必要になるのは?

もちろん、土地(地面)です。

良い土地をみつけるというのは、いい家を建てるのと同じくらい難しいのです。マイホームは、一生に一度のビッグな買い物。それこそあなたの人生と命を賭けての買い物なんですね。

失敗は許されません!

家を建てる土地にもこだわるために、しっかりとした情報収集が大事です。そこで、不動産の営業マンが教えない、不動産業界の裏側を特別に大公開しましょう!

不動産の営業マンが教えない秘密の話?!

不動産の商売方法に秘密良い土地情報は、なかなかあなたの手には届きません!インターネットや住宅雑誌が盛んになり、いろんな情報が簡単に手に入る現在でもです。

なぜでしょうか?

実は、不動産の商売方法に秘密が隠されているのです。よく不動産は、両手・片手の商売に例えられます。

「両手の商売」というのは、売主さんからも買主さんからも仲介手数料をもらうことです。 「片手の商売」というのは、売主さんか買主さんのどちらか一方からしか手数料をもらわないことをいいます。
【補足説明】 「アンコ」といって中間また別の業者が間に入り、売主もしくは買主からの手数料を業者間で頭割りすることもまれにあります。

いい物件は、なかなかオープンにならないとにかく、不動産業者にとって、一番儲かるのは当然「両手の商売」なのです。

ですから、売主さんから土地や住宅を「売って下さい!」と依頼を受けると、その業者は「売り物件情報」をできれば他の同業者には公開しないで自分だけで売りたいわけです。

いい物件は、なかなかオープンにならないし、自分の持っている物件をお客さんのために提案するということが難しいのです。 

また、不動産の営業で一番の苦労は、何と言ってもこの「売り物件の情報収集」です。不動産、免許さえ受ければ誰でも営業できます。でも、売るものがなければ商売は成り立ちません。 

そこで、「いい物件をください!」と業者間回りをするわけですが、そうは簡単に手にすることはできないので、個人的な人脈や縁故を通じて入手することが多くなります。結果として、土地をお求めの「お客さま」は、こうした隠れた情報を手にするためには、「強力パイプ」をもつ業者を探し当てるか、土地の選び方を知っている人に教えてもらうしかないのです。

私共は家を建てるプロもちろん、私共は家を建てるプロですが、土地選びまでトータル的にサポートさせて頂く事も多くございます。なぜならば、どういう土地に家を建てると良いのかということもよくわかっているからです。

もし、土地選びでもお困りであれば、一度、お気軽にご相談ください。不動産の営業マンが教えない、"失敗しない土地選びのコツ"をお教えいたします。

2021年1月15日

ワンランク上の家を建てるコツ

ワンランク上の家を建てるコツ
■ 家を建てるときに、どこに頼んでいいかわからない。
■ ハウスメーカーの営業マンに口説かれ、契約しようと思っている。
■ 大規模なリフォームを計画していて、高額の見積もりで驚いた。

ちょっと待ってください!

多くの住宅会社が差別化を図ろうと、色々な提案をしています。しかし、そのほとんどは耳慣れないものばかりで、家づくりをする人にとってわかりやすいものではありません。

「○○工法だからいい家だ」「大手ハウスメーカーは安心で小さな工務店で大丈夫ですか?」という営業マンのセールストークを信じ、契約書に印を押す前に、私たちの建てる家をご覧下さい。

私たちは「同じ予算で建てるならワンランク上の家を建てる」ということをコンセプトに、家づくりをしています。しかも、基礎や構造など完成してしまうと見えなくなるところまで、強いこだわりを持って家づくりに励んでいるのです。

なぜ、同じ予算でワンランク上の家が建てられるのか?

家づくりの金額の多くは、建材や職人さんに支払われる人件費家づくりの金額の多くは、建材や職人さんに支払われる人件費なのです。しかし、大手ハウスメーカーではテレビCMや住宅展示場の建設費・維持費など、あなたの家の原価とは関係のない販促費まで、あなたの家の価格に乗っているのです。

私たちはお客様への負担を最大限まで抑えるために、お金のかかる広告や、展示場を持たず同じ予算ならワンランク上の家を提供できるように知恵と工夫で企業努力をしているのです。

また、当社では建材や材木を仕入れるコストにも気を配り、「同じメーカーの同じ品番の製品を買うなら他社よりも安く仕入れる勉強」もしています。これは、東証一部上場の株式会社ナックさんの協力を得て、全国8000社の工務店ネットワークで情報を集め、どの建材がいくらの仕入れ値で取引されているのか知ることで、仕入れ価格を抑える努力をしているからできることなのです。

一般的なハウスメーカーや工務店ではできない、独自の仕入れ価格削減の方法なのです。

また、大工さんや職人さんの人件費も、現場作業での無駄をなくすことで、コストダウンを図っています。これは「地域の見積もりと同じ価格で、もっといい家を建てたい」という、当社の社長の考えに、メーカーさん・協力業者さん・職人さん一同が賛同していただいたからこそできることなのです。

まずは、他社の家を見てから来てください!

お客様の建てたい家お客様の建てたい家はどんな家なのでしょうか?

家づくりを考え始めたばかりの頃は、自分の建てる家のイメージが固まっていないものです。

ローンや保険に関する知識も少なく、下手をすると言われるがままに契約してしまう人も少なくありません。

家づくりは家さえ建てばよいということではありません。

ワンランク上の家を建るだけではなく、家だけではなく、住宅ローンや保険などライフプランに関わる全てのことを、私たちは総合的にご提案しています。

多くのハウスメーカーや工務店を回り、様々な提案を受けていく中で、お客様の建てる家のビジョンが見えてくるでしょう。

その後で、最後に私たちの見学会に参加していただければ、なぜ当社がワンランク上の家を建てれるのかがわかるでしょう。

見て納得のイベント案内はこちら

2021年1月13日

ずっといごこちのいいお家づくり

私たちCOSY Homestyles は『ずっといごこちのいいお家』
コンセプトにオーナー様をはじめご家族様のライフスタイルを「空間」に反映させた家づくりをモットーにデザインがいいのは当然の要素として持ち、且つ耐震と省エネの性能も満たしたお家をご提供するホームビルダーです。

ひとえに「空間」と申しましても、人それぞれ感じ方の違うものでございます。
単純に目に見えるものだけでなく、においや音、光や温度の様々な要素が絡み合って作り出されるものでございます。

そこに私たちがコンセプトにしている「ずっといごこちのいい」というキーワードが合わさって初めて達成できるお家が私たちが目指す家づくりなのです。

では、「ずっといごこちのいい」とは何か?

その基礎とも土台ともなること、それは「安心」です。
何が安心なの?とオーナー様は思われるかと思いますが、私たちが考える「安心」とは、いかなる災害も、もろともしない強靭な性能、大きな災害が来ても壊れないお家こそがまず、重要になってくると考えております。

警察署や消防署、公的機関の建物の耐震基準レベル、それが"耐震等級レベル3"です。
私たちがご提供する規格住宅は、この「耐震等級レベル3」がすべてのタイプに標準装備されております。

実は、この「耐震等級レベル3」という性能を満たしているだけでは、本当の強い家とは呼べません。
しっかりとした地盤調査とその結果に応じた地盤改良があってこそ活かされるものなのです。
つまりしっかりとした地盤がなければ同じ「耐震等級レベル3」の家でもたった数回の大きな地震で潰れてしまうのです。

私たちCOSY Homestylesが導入する地盤調査は、今までの戸建て住宅の一般的なボーリング調査(深さ10m程度)では測れなかった
30m以上の深さまで地盤調査を可能にした「ハイブリット微動探査」を導入しております。
この「ハイブリット微動探査」は超音波を利用して地下奥深くの地層、地下水脈、空洞を探り当てることが可能となる画期的な調査方法です。
この調査をもとに地盤改良を進め基礎を作りその上に、耐震等級レベル3の建物を建築します。

つまり建物の性能だけでは、絶対的な安心はない!ということです。

目に見えるデザインも大切ですが、こう言った目に見えないところまでこだわりを持って家づくりをすることが我々の家づくりなのです。

そして、安心の土台作りができたところで、オーナー様のご家族のライフスタイル、お家を建てた後、ご家族がどのような人生を歩んで行くのか?
ご家族の歩んでいく環境とそれに応じたお金の流れを考えたライフプランのシュミレーションを通じて、オーナー様が
無理をしないで借りられる金額を割り出し、無理のないローンの支払い金額をいっしょになって考え
ローンを払ってもしっかりと家族で楽しむお金そして時間を作れる様にお手伝いさせていただきます。

その上で、オーナー様がそしてご家族が大切にしているこだわりであったり、ご趣味であったり
お好みをお聞かせいただきデザインや間取り、仕様を形にしてまいります。

オーナー様のご意見を尊重し時には私たちからアドバイスさせていただきご一緒に
楽しんでワクワクする家づくりをしていきましょう。

「ずっといごごちのいいお家」とは、何事にもびくともしない強靭な家、無理のない資金計画が土台にあってこそ安心という価値を生み出し、オーナー様とご家族が歩まれる人生、好きなことができる場所が、そのまま形になった場所だと私たちは考えます。

2021年1月12日

2021年1月10日

家族や子供を守る家とは?

狙われているのはお金だけじゃない住宅に防犯性能をつけようとしたら、多くのお金が掛かると思っていませんか?

万が一のことに対して大金をかけるくらいなら、そのお金で、もっと使いやすくて見た目もいいキッチンや家具を買ったり、より大きな家を建てたほうがましだと思っていませんか?

実は、『防犯対策=お金がかかる』は間違った考えです。確かに警備保障会社の通報システムを入れたり、窓ガラスを割れにくいものに変えたり、赤外線やカメラをつけたりすればお金はかかります。しかし、これではいくらお金があっても足りません。

しかも、安心はお金をかければ手に入るというものではありません。お金をかけてさまざまな防犯設備を家の周りや中に取り付け対策しても、生活する中で、窓や玄関のカギをかけ忘れたり、通報システムのスイッチを入れ忘れたら全く意味がありません。

狙われているのはお金だけじゃない、あなたの命も危ない!

防犯対策を行う上で大切なことは、まずは「もしかしたら狙われるかも知れない!」という意識を持つことです。近年、警察の検挙率の低下により凶悪犯罪が増加かつ多様化していることをご存知でしょうか。

「ウチはお金持ちじゃないし」「取られるものやお金もないから」というノーテンキな考えでは、今の時代とても危険です。狙われているのは、お金や財宝だけではありません。あなたやあなたのご家族の命が狙われているかも知れません。

そんな中、大切なことは、"防犯意識"をもって生活をすることです。自分で今日から出来る対策もたくさんあります。

例えば、次のようなものがあります。

◆家族の情報をむやみに漏らさないようにする

「表札は苗字だけにする」「電話帳104への登録をやめる」「ぬいぐるみやインテリア雑貨など、一目で子供部屋だとわかるものを窓辺におかない」「女性や子供の部屋だとわかるカーテンはしない」「女性の下着を捨てる時は、カットしてから捨てる」「家族の情報が記載されているダイレクトメールやはがきはシュレッダーをかける」などがあります。

◆留守だということを悟られないようにする

「帰宅が夜になる時や天気予報で雨の日などは、洗濯物を部屋の中に入れてから出掛ける」「昼間、全てのシャッターや雨戸を閉めない」「室内でラジオやテレビの音を流しておく」「帰宅が夜になる場合は、室内灯をつけたまま出掛ける、またはタイマー付きの照明器具を使用し、夕方になったら照明が点灯するようにする」「車で出かけるときは、駐車場の真ん中に大人用の自転車を置いておく」「中長期不在のときは、新聞配達を一次停止する」など。

狙われているのはお金だけじゃないその前に、今、皆さんのご自宅の玄関や窓のカギはしっかり掛かっていますか。家の中にいるからといって犯罪者が入って来ないとは限りません。カギをかけずに生活している方は、今すぐにカギを掛けましょう。玄関はドアチェーンや補助錠も忘れずに。そしてこれを、しっかり習慣づけていきましょう。

また、身の回りでどのような犯罪が起きているのか、各都道府県の警察署のホームページで調べてみられることをオススメします。身の回りでおきている犯罪やさまざまな防犯対策について知ることができます。

2021年1月 8日

経歴・沿革

【経歴】

1991年3月
愛知県立小牧工業高等学校化学工学科 卒業

1993年10月
ヤマト運輸株式会社 入社
セールスドライバー13年 管理職10年を経験

2016年10月
ニッポンIC物流を起業

2017年1月
ヤマト運輸株式会社 退社


【沿革】

2019年3月
ニッポンIC物流のオーダー家具事業部と住宅建設事業部として「COSY Homestyles」をスタート

2021年5月
「COSY Homestyles 株式会社」法人会社を設立

2021年1月 7日

ご挨拶

ご挨拶私たちCOSY Homestyles(コージーホームスタイルズ)は、
「ずっといごこちのいいお家」をコンセプトに機能美を追及し、
空間づくりを大切にしたお家を提供するホームビルダーとして令和3年3月31日に産声を上げました。

当社の前身は、建築とは全く畑違いの運送事業です。

代表である私の運送業界歴は30年、大手宅配会社で23年間お世話になり43歳で独立、運送事業を営み5年目になります。

その私がなぜ全くの異業種である建築業界に参入したのか?

それは、この50年近い人生の中で経験した
平成7年(1995年)の「阪神淡路大震災」
平成23年(2011年)に起きた「東日本大震災」
平成28年(2016年)の「熊本大地震」

この3つの大きな出来事が大きく影響しています。

その中でも「東日本大震災」は、私が体験した経験の中でも最も感慨深い出来事でございました。

当時、ヤマト運輸に在籍していました私は、会社の命を受け福島の救援隊として震災発生から3日後の3月14日に、東京に入り翌日15日に福島へ現地入りする予定でした。

ところが、福島原子力発電所の原子炉が相次いで爆発、ヤマト運輸社長である木川眞社長より身の安全確保のため一旦、引き上げをするよう命令が出ました。

それから2週間後、改めて命を受け、宮城県気仙沼市の救援隊として現地入りしました。

3月11日の大地震発生当時、気仙沼の街が津波に飲み込まれ沿岸部にあった建物が燃え盛る光景を映像で見た時、何物も抗うことのできない、これが未曾有の災害なんだと愕然としました。

実際に現地に足を踏み入れた時に見た光景は、映像では、決して伝わらない壮絶な光景が目に飛び込んできました。

大型漁船が町のど真ん中に押し流され、ガスタンクが川に浮き、辺り一面が丸焦げの状態、建物はあったのでしょうが、すべて瓦礫の山と化し、まるで戦争の後の様な光景、この事実が信じられない、言葉も出ない状況でした。

我々、救援隊の任務は、全国のありとあらゆる企業や団体、個人の方々から、次から次へと送られてくる生活物資を被災された方々の避難所へお届けすることが任務でした。

行く先々で「愛知県から、よく来てくださったね、いつもありがとう」と笑顔で声を掛けていただき、本来であれば、こちらが皆さんを励ます立場であるはずが、行く先々で我々に感謝の言葉を投げかけてくれる、気仙沼の方々は、本当に素晴らしい方ばかりだなと、気仙沼の方のやさしさに触れ、とても感銘を受けました。

それと同時に、いつも多くの荷物を配達することに慣れ過ぎてマンネリになってしまった配達業務も「運送業って本当に素晴らしい職業なんだな」と多くを気付かせて頂きました。

避難所生活をされている方々の中には、津波の被害を免れたにも関わらず、自宅に帰れない方々もたくさん居られると聞き、不思議に思った私は、気仙沼のドライバーさんにその理由を聞きました。

その理由が、1度の大きな揺れに耐えられても2度、3度と続く大きな揺れに耐えられないお家が大半で自宅に戻りたくても戻れない現実がそこにはありました。

そして、被災された方々の想いは、ただ一つ「家族と一緒にいたい」「生まれ育った土地に帰りたい」

それには、家という存在は、いかなる時も家族の安全を守り抜く強さを持っていなければならないと「家」に対する価値観として、その日を境に、ずっと心の奥底に持ち続けてきました。

話は、東日本大震災の前に遡りますが、私がお家を買おうと考えた30歳(平成15年2003年)の時を振り返ってみると、まず単純に定年60歳を意識した支払いを考え当時のローン最長年数は30年を逆算した時に、ただ単純にお家を買うタイミングが丁度30歳であったことが一つ、
そして、お家を建てるなら当時からよく言われていたことが「南海トラフ地震がいつ来てもおかしくない」と言う報道が、心に引っ掛かり地震に強い頑丈なお家が欲しいと思い、真っ先に思い浮かべたハウスメーカーが、軽量鉄骨で有名な某ハウスメーカーでした。

ただ何となく下見程度でハウジングセンター会場に行き、某ハウスメーカーのモデルハウスを見学して営業マンの言われるがままローン審査を通し、何のプランも考えずただデザインと性能だけで住宅購入を決めました。

しかし、建てた後、1階の部屋は日が当たらず日中でも照明をつけなければ薄暗い、
それも去ることながら何とも味気ない空間、
ただ起きて寝るためだけで空気のような存在の建物に愛着すらわかない、
せっかく数千万円もする一生に一度の買い物をしたのに後悔しかない。

後悔しかない家づくりをして支払うローンほど辛いことはありません。

こんな事なら、もっとライフプランを良く練って支払金額を組めば良かった...とさえ思ってしまう。

もし、もう一度、家を建てるなら、こうしたい、ああしたい、とただ何となくお家の写真を見ているうちに家のデザインだけでなく家を建てる時の資金繰りや土地にかかわる色々な事を調べはじめました。

そうすると大半の住宅購入者の方々が、私と同じ想いでいること知りました。

私と同じ思いでいるオーナー様を救うことができるなら、きっとそこには、チャンスがあるはず、
そして、どんな災害にも耐えうるお家があれば絶対的な安心をオーナー様にお届けできれば...

そんな思いと地震や災害に強い家への想いが相まって、運送事業とは別の事業として、住宅事業の参入を決意しました。

一般常識では、運送30年のキャリアがありながら、なぜ未知の世界に飛び込むのか?
と疑問を持たれる方が殆どだと思いますが"好きこそものの上手なれ"と言う諺にある通り、好きに勝るものはないと私は思っております。

この事業に参入する時も、当然のごとく金融機関担当者から反対され、融資はできないと即答されました。

ただ、私は残る余生、好きなことやって生きる、他人が何と言おうと常識が何であれ運送で培った技術やサービスのノウハウ、人を笑顔にする技術を活かすステージは、どこにでもあると私は思います。

だからこそ、チャレンジするのです。

当然、今まで培った技術だけでは「ずっといごこちのいいお家」をコンセプトにしたお家は建てられる筈はありません。

しかし、私達には、お家を建てるための技術を持った職人さんの支えがあります。

そう、それぞれの得意とする分野で最大限のパフォーマンスを発揮すれば叶わないものはない筈です。

全ては、素晴らしい「ご縁」によって、人生は成り立っていると私は強く感じております。

私の様な失敗だらけの後悔しかない家づくりから絶対にオーナー様を救わなくてはなりません。

この記事をお読みになられた事も素晴らしい「ご縁」だと私は思います。

何かのご縁でオーナー様に私共「コージーホームスタイルズ」を知っていただいたこの機会を絶対に無駄にしないでください。

初めてお家を買おうとするオーナー様のほとんどが、
まず、建物の価格を検討し、ついでデザインそして性能の順に購入を考えて見えることが大半であると思います。

デザインがかっこいいお家に住みたい、
かわいいお家が欲しくなるオーナー様は、色んな気に入ったお家の写真をどれにしようかとワクワクしながら探されていると思います。

その高揚感と
初めての大きなお買い物をするオーナー様が無知なことをいい事に
住宅会社や銀行の言うがままローンを組み無駄なお金を払ってしまい返済に苦しんでいる方々がたくさんおられる事を知りました。

そして無理をしてローンを組んでしまった事で支払いに追われ家族の時間も無くなり、最悪は、せっかく苦労して手にした夢のマイホームを手放してしまう。

それでは、家族の幸せを願って一生に一度あるか、ないかの決断で大きな買い物をした意味がなくなります。

それこそが本末転倒です。

お家を建てる目的は「家族みんなが安心して幸せな時間を一緒に過ごす場所」を手に入れることが本来の目的のはずです。

一生に一度しかない家づくりを「知らない」という理由だけで後悔する家づくりにしてはならないということです。

皆さんにとって初めての家づくりは、知らないことの連続 「知らない」が多いのは当然です。

しかし「知らない」ことが理由の後悔の家づくりをしてしまったとしたら、それは我々住宅会社に責任があると私は思うのです。

だからこそ当社では、現在の家づくりにおける様々な情報を、全て検討のテーブルに並べて、資金計画からアフターフォローまで「知らない」ことで後悔しない家づくりをご提案しております。

特に昨今は、社会保障負担率の上昇に伴い、手取り額が思うように伸びない状況にあります。

しかし、それでも家族の幸せを求めて何千万円もの買い物をオーナー様はご決断なされます。

私はその覚悟、家族を思う気持ち、幸せになりたいという純心なお気持ちに、しっかり向き合えるに相応しい存在であるかを自問自答し、己を厳しく律するよう努めております。

そして同時に、それに相応しい存在でありたいと願い、
家づくりにおける知識、技術、情報、サービスなどにおいて、日々研鑽を積んでおります。

これから、
当社だからこそ提供できる家づくりによって、地域にお住まいのたくさんのご家族を
幸せにして差し上げたい...。

これをCOSY Homestylesで働く私達の幸せとし、たくさんのオーナー様に囲まれて、末永く楽しくお付き合いさせていただければと強く願っております。

そして、何かのご縁で繋がった皆さまと一生のお付き合いができる関係でありたい、
そう願い、一緒になって家づくりを楽しんで行ける日を心よりお待ちしております。

産声を上げたばかりの「COSY Homestyles」を
何卒、よろしくお願い申し上げます。


COSY Homestyles co.,Ltd. 代表取締役 村里 和孝

2021年1月 6日

〔お客様サポート〕尾崎 順子

スタッフ紹介子育てママさんをフルサポート♪

6歳の娘をもつ子供が、大好きなじゅんちゃん。

とっても優しく、陽気で朗らかな性格、なんでも相談に乗りますね。

子育て世代のお客様も、ご安心してご来社ください。

子供をあやすのは、大得意です。

〔お遊びプリンセス〕う~ちゃん

スタッフ紹介いっしょにあそぼっ!

公園のブランコが大好きな6歳の女の子。

あだ名は「う~ちゃん」

最近は「すみっコぐらし」に夢中!

みんなで仲良くいっしょに遊ぼうね!

2021年1月 3日

家のこと、土地のこと、何でもお気軽にご相談ください!

弊社へのお問合せ・ご相談・資料請求は下記のフォームに入力をお願いします。
個別相談をご希望の方は「相談会に申し込む」にチェックをお願いします。

ご代表者様氏名(必須)
ご参加人数(必須) 大人: 中学生以上:
小学生: 幼児:
乳児:
ご参加者様氏名


5名様以上の場合はご要望事項欄にお名前をお書きください。
お電話番号(必須)
郵便番号 "-"は含めず半角数字のみでご記入ください。
都道府県(必須)
ご住所(必須)
メールアドレス
個別相談会
ご要望事項

2021年1月 2日

個人情報の取り扱いについて

当社は、販売活動を通じて得たお客様の個人情報を最重要資産の一つとして認識すると共に、以下の方針に基づき個人情報の適切な取り扱いと保護に努めることを宣言いたします。

■個人情報保護に関する法令および規律の遵守
個人情報の保護に関する法令およびその他の規範を遵守し、個人情報を適正に取り扱います。

■個人情報の取得
個人情報の取得に際しては、利用目的を明確化するよう努力し、適法かつ公正な手段により行います。

■個人情報の利用
取得した個人情報は、取得の際に示した利用目的もしくは、それと合理的な関連性のある範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

■個人情報の共同利用
個人情報を第三者との間で共同利用し、または、個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合には、共同利用の相手方および第三者に対し、個人情報の適正な利用を実施するための監督を行います。

■個人情報の第三者提供
法令に定める場合、本サイトの運営委託会社を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。

■個人情報の管理
個人情報の正確性および最新性を保つよう努力し、適正な取り扱いと管理を実施するための体制を構築するとともに個人情報の紛失、改ざん、漏洩などを防止するため、必要かつ適正な情報セキュリティー対策を実施します。

■個人情報の開示・訂正・利用停止・消去
個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去などの要求がある場合には、本人からの要求であることが確認できた場合に限り、法令に従って対応します。

■コンプライアンス・プログラムの策定
本個人情報保護方針を実行するため、コンプライアンス・プログラムを策定し、これを研修・教育を通じて社内に周知徹底させて実施するとともに、継続的な改善によって最良の状態を維持します。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント