Arie 中庭のある家

中庭S
中庭D【隣地に囲まれた狭小敷地でも開放的な空間デザイン】

中庭(ライトコート)が3方向に光を拡げ、狭小敷地でも明るく快適な住まいを実現。外からの視線を遮り、プライバシーに配慮したルーフバルコニーとLDKとがつながることで、広々とした開放的な空間が生まれます。


【デザインは北欧風ナチュラルテイスト】

外観、内観ともに自然な木色とホワイトを基調としています。北欧モダンデザインの第一人者である、建築家アルヴァ・アアルト(フィンランド)の考えるデザインに、日本人が好む"ナチュラルさ"を融合。オーガニックや素材の質感を大切にしたインテリアと馴染みます。


【色褪せない美しい住まい】

長く暮らしていく住まいだからこそ、住宅の価値を長期間にわたって保つことができる優れたデザインが必要です。時とともに増していく「経年美」と、それを構成するための「本質的な美しさ」を大切にし、自分らしい空間をつくり上げることで、いつまでも愛着の持てる理想の住まいが完成します。


【おうち時間を特別にする住まい】

中庭a「アウトドアをプライベートに」
中庭やリビングとつながるルーフバルコニーは、プライベートな野外空間として自由に、多目的に使えるのが魅力。外出しなくても気軽にアウトドア気分を味わうことができます。

Arie ガレージのある家

ガレージS
ガレージD【車好きを満足させるインダストリアルなデザイン】

いつでもリビングから車やバイクを眺めることができる、ビルトインガレージのある住まい。アーティストの街として知られるニューヨークのブルックリンをイメージした外観が印象的で強い存在感を放ちます。


【大人の遊び心を詰め込んだ、ブルックリン風ヴィンテージハウス】

古いものと新しいものとが同居するニューヨークブルックリンをイメージした外観。内観はインダストリアルな雰囲気に仕上げ、アンティークな家具や小物との相性も抜群です。 また、家事のしやすい回遊動線を採用。デザインだけでなく、生活のしやすさにも重点を置いた間取りです。


【色褪せない美しい住まい】

長く暮らしていく住まいだからこそ、住宅の価値を長期間にわたって保つことができる優れたデザインが必要です。時とともに増していく「経年美」と、それを構成するための「本質的な美しさ」を大切にし、自分らしい空間をつくり上げることで、いつまでも愛着の持てる理想の住まいが完成します。


【ビルトインガレージのあるインダストリアルデザインの家】

ガレージA家の中にガレージを組み込んだ、ビルトインガレージを採用。車やバイクなど、趣味を存分に楽しめる遊び心のある住まいです。
ビルトインガレージのある家は、常に愛車を身近に感じられる住まいです。雨や風から愛車を守るだけでなく、いたずらや盗難などの被害を防ぐこともできます。また、ガレージにはメンテナンスを行うスペースも確保されているので、季節や時間を問わず愛車とのコミュニケーションを楽しめるのも大きな魅力です。

Arie スモールハウス

スモールS
スモールD【コンパクトで快適な床座のある住まい】

限られた空間を有効活用し、機能性や快適性を追求したコンパクトな3LDK。落ち着きのある和の雰囲気にモダンデザインを組み込むことで、現代の暮らしにマッチした美しい住まいを実現。いつでも安らぎを感じられる空間です。


【「床座」のある落ち着いた暮らし】

スモールハウスは、コンパクトでも空間をより広く感じることのできる"床座"をプランコンセプトに採用しています。床座の場合、ソファのように場所を取る家具が少なく室内にゆとりができるため
、空間に広がりが生まれます。また、目線が低くなることでテーブルや棚などの家具もロータイプになり、間取り以上に広々とした印象になります。


【コンパクトでも開放感のあるレイアウト】

コンパクトな3LDKでも吹き抜けを取り入れたり、天井高を2250㎜に設定したりすることで、機能性を損なわずに空間に広がりを持たせています。キッチン横にはパントリーを兼ねた家事コーナーを設け、洗面室とリネン室は別々に設置しました。毎日の暮らしや家事が快適で楽しくなるようなレイアウトになっています。


【落ち着きのある「和」を取り入れた暮らし】

スモールA
「和」の雰囲気を生かしながらモダンデザインとの融合によって、個性的に洗練された印象に。床座を暮らしの中心に取り入れた住まいはコンパクトでも開放感があるのが特徴。リラックスした空間で家族の時間を楽しむことができます。

Arie スキップフロアの家

スキップS
スキップD【家族のライフスタイルに合わせて、使い方は自由自在】

都市型シンプルモダンデザインが印象的なスキップフロアの家。スキップフロアは子どもの遊び場やワーキングスペースとして幅広く活用することができます。スキップ下には収納などにも使えるスペースを設け、無駄のない間取りを実現。


【立体的に広がるスキップフロア】

スキップフロアがあることで空間に一体感が生まれるだけでなく、段差を利用してそれぞれのフロアに役割を持たせることで、生活の境目を認識しやすくなるという効果が。立体的な間取りであるため、通風や採光にも優れています。また、スキップフロアとリビングの間には壁などの仕切りがなく、部屋同士が空間でつながっているため、スキップフロアを勉強や仕事の場所として使っているときにも、常に家族の気配を感じながら過ごすことができます。


【物が増えても安心、抜群の収納力】

十分な収納スペースを随所に確保しています。特にファミリークローゼットは使い勝手がよいため、収納の工夫をすることでリビングが散らかりにくくなります。また、玄関横のアクティブストレージには、庭で使うものやアウトドア用品などが収納できて便利です。


【スキップフロアのある新しい生活のカタチ】

スキップa
住まいのアクセントにもなるスキップフロアは、家族の趣味やライフスタイルにあわせてフレシキブルに活用できるのが魅力。暮らしゆとりと変化を生み出します。

Arie 家事収納の家

家事S
家事D【「あったらいいな」を叶えるこだわりの住まい】

家事動線を意識した使いやすい間取りと、豊富な収納スペースが魅力の「家事収納の家」。毎日が心地よくなるような、やさしくナチュラルなデザインが人気です。

【使いやすさにもこだわった、やさしいナチュラルデザインの家】

キッチン、お風呂、洗面室などは家族が何度も行き来する場所です。中でも朝は忙しく、家族の動線が重なることで家事に時間がかかったり、イライラの原因になったりすることも少なくありません。家事の動線を回遊動線にすることで、無駄な移動をなくし、効率よく家事をすることができるようになります。


【家事時短を叶える、効率的な間取り】

洗面室とランドリールームが分かれているのも特徴の一つです。「洗う」「干す」「しまう」といった作業が一つの部屋で完結するので効率的。また、室内干しのスペースを1階にも2階にも確保することで、雨の日や洗濯物が多い日にも安心です。
キッチン横の家事コーナーは自由に使うことのできる多目的スペース。家事の合間に一息ついたり、趣味や仕事をしたりするのにもちょうどいいスペースです。


【女性目線で暮らしをコーディネート、理想的な住まいのかたち】

家事a
ナチュラルなデザインはもちろん、家事動線にも配慮した使いやすい間取りがポイント。見た目だけでなく、機能性も兼ね備えた理想的な住まいです。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント